Get Adobe Flash player
ぶらり三江線WEB > お知らせ > 三江線神楽キャンペーン開始式挙行

神楽愛称駅名板・神楽ビンゴ、神楽がテーマの施設紹介

ぶらり三江線WEB

当サイトのバナーについて

アーカイブ

平成24年10月1日(月)~12月31日(月)の期間に三江線神楽キャンペーンを実施するに当たり、初日となる10月1日(月)午後0時15分から川本駅上りホームにおいて三江線神楽キャンペーン開始式が沿線6市町の市町・町長、議会議長、JR西日本、住民代表などの関係者約60人が出席して盛大に開催されました。

式では沖野三江線改良利用促進期成同盟会長、前原島根県西部県民センター所長(島根県知事代理)、畑中JR西日本(株)米子支社次長(支社長代理)のあいさつが行われ、神楽キャンペーンや同期間で行われる三江線増便社会実験(バス)について勝部事務局長より報告を行い、大型の神楽愛称駅名板の除幕を行って式を閉じました。

式典後は駅隣の工務支部駐車場に会場を移し美郷町の千原神楽団が「八岐大蛇」を上演し、出席者や多くの町民が勇壮な舞を堪能しました。

また、駅前では弓市商店会が川本町の特産を販売する「弓の市」が行われ、多くの方々が買い物を楽しみました。

 

10月1日(月)から12月31日(月)の期間はバスによる三江線増便社会実験も行われ、三江線のダイヤが充実されて大変使いやすくなります。

便利になった三江線で沿線に「秋」を探しに出かけてみられてはいいかがですか。

多くの皆様のお越しをお待ちしています。

三江線増便社会実験

コメントは受け付けていません。

目的のページが見つけにくい場合はサイトマップをご覧ください。
サイトマップ

三江線の運行状況について
フォトコンテスト入賞作品
18_晩秋をゆく 13_沿線に暮らす 14_復興の花火